永代供養墓

昨今注目されている『永代供養墓』ですが、ひとえに永代供養墓といっても様々な種類や企画がある事はご存じでしょうか?

お墓についてのお悩みは誰に相談して良いか分からない…

お墓の後継者に不安を抱えている…

などなど…お墓参りは何度もした事があっても、永代供養墓という言葉は聞いたことがあっても、お墓を実際に購入してみないと分からなかったというご意見を多く耳にします。

そもそも『永代供養墓』とは?

永代供養墓とは、文字通り永代に渡りご供養されるお墓を言います。

しかしながら、ここでご注意が必要な事は永代供養墓といっても…

  同じ墓所で永代に渡りご供養されるケース

  一定期間が経過した後、合祀されご供養されるケース

この2種類に考え方が分かれます。全ての墓所共通ではありませんが…

  …ご遺骨を合祀墓に散骨し永代に渡りご供養されるケース

  …ご遺骨を骨壺のまま納骨室(石塔建墓の場合や、納骨堂墓所など含む)に一定期間納骨し、契約期間満了後合祀墓に散骨され永代に渡りご供養されるケース


これは、樹木葬やロッカー式納骨堂墓所など墓所種類によって分類されるわけではなく、各寺院や霊園などの墓地商品毎に分かれている為、各墓所管理者に確認が必要になります。

近年、大きな枠組みでは『永代供養墓』ですが、より詳細に企画された『永代供養付き墓所』が大きな話題を呼んでいます。

『永代供養付き墓所』とは?

永代供養付き墓所とは、永代供養の権利が付属した墓所という事になります。
合祀墓へ即散骨されるのではなく、上記②スタイルの墓所として一定期間が経過した後、合祀されご供養されるケースという認識が最も近い考え方の墓所スタイルです。
また、ここに付随して一定期間が経過した後、合祀墓へ移る際の費用(石塔撤去費用など)が皆様の負担なく当初の購入価格に含まれているケースが多い事も注目されている大きなポイントです。これは、次の世代へ精神的、経済的負担をかけたくないという不安を解消した新しいカタチの墓所といえます。
また、皆様の大切な方を想い可能な限り、手を合わせる対象としての石塔建墓や、個別に納骨堂へ安置してから合祀したいというご家族皆様の想いを叶えた墓所です。
このように、『永代供養墓』と言っても、散骨合祀する永代供養墓から一定期間が経過した後に合祀する永代供養付き墓所まで幅広く種類がございます。

弊社では、皆様の想いをカタチにした『永代供養墓』『永代供養付き墓所』を整えております。

まずは、お墓のお悩みを亀や石材店までお気軽にご相談下さい。

弊社よりご案内可能な永代供養墓がある墓所

   メモリアルガーデン梅郷聖地

   福寿院 縁の郷

   福寿院 薬師の郷

   むらさき聖地霊園

   野田さくら霊園

   メモリアルガーデン馬橋霊園

   越谷あおば墓園

   遍照院 木野崎霊園

   西念寺墓苑